開院した理由


このページでは、私がどうして鍼灸師を志し「きよもと鍼灸院」の開業に至ったのかを書いています。どんな人が治療しているのか気になる方に読んでいただけたら幸いです。


私が鍼灸師を目指し、この『きよもと鍼灸院』を開院した理由は、私の過去の経験が原点となっています。

私は幼少の頃から身体が弱くすぐに疲れたり、すぐ風邪をひいては寝込んでいる子供でした。そのため運動神経も鈍く友達と外を走り回って遊ぶことにも子供ながらに劣等感を抱いていました。

そして5歳の頃に大きな出来事がありました。

3日間ほど高熱が続き、さすがに慌てた両親が大きな病院に駆け込んだところ・・・「急性リンパ性白血病」と診断され、完全個室の無菌室にて入院。

抗がん剤の影響により髪や眉毛もすべて抜け落ち、副作用の影響で強烈な吐き気と倦怠感に耐えました。地獄のような苦しみだったのを覚えています。

(看護婦さん達に頭がツルツルで可愛いと言われるのは嬉しかったですが..^^;)

しかし、今振り返って考えてみても本当に子供のエネルギーとはすごいもので・・・1年間の入院生活を耐え抜きそれから10年間の通院をやりとげ無事完治することができました。とっても長かったです。

でも・・・完治して元気になってからも体力がない自分。

なんとか体を強くしたくて・・・中学・高校時代と陸上競技に夢中になっていました。毎日自分の壁を打ち破る為に頑張ってトレーニングをしていました。

しかし、ハードな練習により足や腰を痛めてしまいました。

その時に、痛みから救ってくれたのが鍼灸治療でした。

近所の鍼灸院での初めての経験でした!

「鍼やお灸で人の痛みを良くすることができるなんてすごい!」

と、感動したことから・・・この仕事を志し始めました。

元々、勉強は苦手な私でしたが・・・鍼灸に関しては、学べば学ぶほどに楽しくなり・・・鍼灸の専門学校は首席で卒業し資格を取得することができました。

資格を取得し、この仕事を始めてからは本当に様々な症状をお持ちの方々を施術させていただきました。

そしてやはり毎日の生活や人生を充実させるためには

『身体も心も健康であること』という結論にたどり着きました。

その為には『身体を整える』

自分自身が経験した事を生かして、患者さんの気持ちに寄り添いながら、

健康である事の大切さを、たくさんの人に伝え整えていくために

私はこの『きよもと鍼灸院』を開院しました。

そして・・・

なぜ婦人科・体質改善専門の治療を行っているのか。

それは妻が子供を出産する際に、女性の出産は本当に命がけなんだと痛感したからです。妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れたり・・・悪阻がひどかったり・・・精神的にも辛くなり、臨月くらいになると腰痛や股関節周りが痛くて歩けなくなってしまったり(妻は一時車椅子状態にもなりました)・・・そして産後は、休む暇もなく育児をしなければならない。

そんな女性の悩みをなんとかできないか。と婦人科医学を猛勉強しました。

そこで辿り着いたのが「体質改善」という方法でした。

今の日本では昔では考えられなかったような病気がたくさん増えています。

不妊症や動けないほどの生理痛、私の妻もそうでしたが無月経無排卵などが起こる月経異常。

小学生で肩こり腰痛を抱えている子供もいるようです。

食生活の欧米化により日本人の内臓にはかなりの負担がかかっています。

睡眠時間も諸外国と比べ日本はかなり低い水準です。

こういった要因から病院で検査をしても原因がわからない病気などが起こっているのではないかと思い、

そんなつらい不調に長らく苦しんでいる方のお力になりたいと思いこの「きよもと鍼灸院」を開業しました。

ずっと抱えているお悩みはありませんか?

誰に話しても誰も理解してくれない。もしくは誰にも話したくない。

当院ではそのようなお悩みを身体面、栄養面、精神面、生活面などの様々な視点からサポートいたします。

どうか勇気を振り絞って一歩踏み出してください。

あなたは独りではありません。

でも・・・子供がいるし、ゆっくり治療が受けられない。

そんな方にも、ぜひ私の治療を受けていただきたい!そんな思いで託児もできる予約制のプライベート鍼灸院を始めました。

ぜひ一度、当院に産後のカラダの痛さ・辛さをご相談ください。あなたの専属の整体師として、精一杯サポートさせていただきたいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 きよもと鍼灸院 院長 清本 義明

(息子が1歳の時の写真です)